miband2-1024x573

12月4日にGearBestで購入した「MiBand2」が2週間で中国から届きました!!
以前の記事:中国系の通販「GearBest」でMi Band2を買ってみた。

送料無料を選択して購入したので 2,3ヶ月ぐらいかかるのかと思ったら、案外早めの2週間で届きました!

ということで、早速ですが、レビューを始めたいと思います。

MiBand2の詳細はこのURLを見てください。
http://www.mi.com/my/miband2/

それでは続きから 
買ったものはこんな感じで、中にはこのようなリストが入っています。

 封筒はこんな感じで、送料無料の割には、優先マーク(Priority)が付いています。

 中を開けると商品がこんな感じで入っていました。

MiBandを買うぐらいならこれでいいかもしれませんが、ノートPCやタブレットを買うのであれば有料の発送プランを利用したほうがいいかもしれません。(発送事故保証等があるのかわ知りませんが)

MiBand2の箱です。「MiBand」や「MiBandPalse」のときは、茶色の箱でしたが、Miband2になり白い箱になっています。ますますApple製品のパッケージに近づいてきました。

それでは、開封です。

箱を開けるとするMiBand2が出てきます。箱の作りは、以前のモデルと同様です。

こんな感じ。

上を開けると、バンドの部分と下の箱の部分には充電器が入っています。

バンドだけの画像です、本体を入れる部分が以前のものより深くなっており、MiBand Palse時代のバンドとの互換性はありません。逆も然り。

本体を充電器に指してみたところです。これも従来の製品との互換性はありません。


本体の裏からと表から。

腕につけた様子。

電池残量の確認。


説明書たち。中は中国語です。


つぎに、100円ぐらいだった互換の充電器。必要なかったかもしれませんが、一応購入しておきました。ちなみに、MiBandやMiBandPalseについていた充電器はまだ壊れていないのですぐ壊れるようなものでもなさそうです。

純正品との比較ですが、製品中央のXiaomiの「mi」マークがありません。まあ、もちろん互換品なので当たり前ですが。

次に、画面の保護フィルムです。これも100円ぐらいでした。



見たことのある「Wet」「Dry」の拭くやつがついた商品です。ちなみに両方乾いていて使い物になりませんでした。(笑)
 フィルム自体は失敗した時用のためか2枚入っています。

本体に貼り付けてみたのですが、若干サイズが大きいのか、本体をバンドに装着しようとすると半分剥がれてしまいます。
気休め程度と思ったほうがいいでしょう。

最後に、MiBandのアプリをレビューします。
買って最初にMiBandをペアリングすると、本体のファームウェアのアップデートがかかります。

アップデートが終わると使い始めることが出来ます。

設定画面です。
「手首を上げると時計を表示したりする機能」や、 「手首を回すと表示を切り替える機能」などのON,OFFの切り替えが行えます。


表示させる画面の選択。

時計表示の選択。

まとめ 

MiBandとMiBandPalseと両方持っていますが、 正当な進化をとげた良い製品であると思います。
ちなみに、Bluetoothの性能が向上しているのか、歩数などの同期が従来の製品よりも早いです。
このような製品が3000円弱で購入できるようになったと思うと、中国企業もあなどれないですね。
今度は、中国企業のタブレット(2-in-1の)を買ってみたいです。 



購入したものリスト




スポンサーリンク