unnamed

iPhone版LINEアプリのアップデートでトーク履歴を保存・復元できるようになりました。

Android版のLINEではすでに、テキストデータとしてとバックアップデータとしてのトーク履歴の保存ができ、後者の場合は履歴の復元も可能でした。

しかしiPhone版のLINEではテキストデータとして書き出すことはできましたが、そのデータを使って実際のトーク画面に復元することは出来ませんでした。

しかし、今回のLINEアプリのアップデートでiCloud Drive(無料で5GB使えるクラウド上のサービス)にトーク履歴の保存ができるようになりLINEアプリを再インストールした時にその履歴を復元することが可能のようです。

設定方法は続きから。
 

実際に保存してみた


バックアップの保存は至ってシンプルです。

以下、すでに端末上でiCloudにログインをしていてiCloudの容量が十分に空いていることを前提に話を進めます。
※以下の手順は50MBクラス(LINEをよく使う人はもっと)のデータ通信を利用しますのでWi-Fi経由での操作をオススメします。

まずLINEの設定画面を開きます。

IMG_4786

設定画面の「トーク・通話」をタップしてください。

IMG_4787

その中の、「トークのバックアップ」 をタップしてください。

IMG_4788
 
そして、「今すぐバックアップ」をタップしてください。
そうするとバックアップが自動で開始されます。

以上の操作でトーク履歴のバックアップが可能です。
これでアプリ再インストール時に復元ができるらしい。

復元はまだやってませんのできちんとできるのかは不明。(笑)

まとめ


iPhoneでもトーク履歴の保存ができて復元もできるようになったのはとても便利になったと思います。
しかし既存のLINEアプリへのバックアップの復元機能やトーク相手(トークルーム)ごとのバックアップや復元、1日や1週間ごとなど定期的に自動でバックアップする機能があればなと思いました。

またこれはiOS側の仕様の問題ですが、iCloud Drive の設定でモバイル通信をOffにすると他のアプリも 通信できなくなるのが悲しいです。
アプリ側でWi-Fi接続の有無を判定して個別設定ができるようになればなというのも感じました。
LINE社にフィードバックしておきたい点でした。
ではまた。 


スポンサーリンク