中華パッドはあまり買う気はなかったんですが

某格安の殿堂の店の広告を見ていると、Androidタブレットが一万円を切っており

スペックもそこそこだったんでちょっとどんなんだろうと思って購入してみました。

m704spro
 















それでは、続きから↓↓
購入する前に、ネット通販での値段を調べてみると

価格.comの最安値でも 14800円でした。(4/29現在)
http://kakaku.com/item/K0000502330/

またamazonでも約16000円・・・。
http://www.amazon.co.jp/KEIAN-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-%E5%BA%83%E8%A6%96%E9%87%8E%E8%A7%92FFS%E6%B6%B2%E6%99%B6-M704S-PRO/dp/B00C61YDQS 

購入はこちら。

 

ネットでの価格は正直糞高いです。
こんなに金だすんならNexus7 買います。

 てことで、最初は外箱の写真からどうぞ (※クリックすると大きくなります。)
 
IMG_0631IMG_0632






































中華パッドの類にしてはきれいな方です。

IMG_0628IMG_0629






































付属品類です。
・ACアダプター
・OTGケーブル
・USBケーブル
が付属しています。

この製品、充電はUSBからではなく専用のACアダプターを使用しなければいけません。
USBからでは充電はもちろん給電もできません。
USBはデータ転送の利用のみ使用可能です。
IMG_0626IMG_0627






































本体の画像です。
まだ、前面には、保護フィルムを 貼ったままです。
フロントカメラとリアカメラが両方ついてます。ここら辺はNexus7より良。
(画質はまた別問題として。)

 後面ですが、アルミです。
全面はプラスチックです。 

マイクロSDカードスロットがついていますが、
挿入口にカバーがなくカバンなどにしまうと誇りや異物が混入しやすそうです。

IMG_0625IMG_0624IMG_0623IMG_0622








 



タブレットのサイド部分です。
MiniHDMIがついており、外付けのモニター にタブレットの画像を映し出すことだ出来ます。

タブレットの詳細スペックです。
 
型番 M704S PRO
カラー ホワイト
プロセッサー RK3066 DualCore ARM CortexA9
プロセッサースピード 1.6GHz
GPU Quad Core Meli 400 MP4
WiFi IEEE 802.11b/g/n
OS Android 4.1.1
システムメモリ DDR3 1GB
ストレージ 8GB(システム共用)
ディスプレイ 7.0インチ FFS液晶 5点マルチタッチパネル 静電式 1024×600
ポート類 MicroUSB2.0/MicroSD/SDHC(Max 32GB)/MiniHDMI/3.5mmイヤホン
カメラ 200万画素(リア)/30万画素(フロント)
SDメモリ microSD (SDHC Max 32GB)
USB microUSB2.0 OTG対応 USBメモリ/USB HDD/ネットワーク/キーボード/マウス
センサー 加速度センサー
スピーカー 内臓
マイク 内臓
Bluetooth なし
GPS なし
バッテリー Li-ion内臓 3000mAh ※取り外し不可
サイズ 厚さ9.9㎜ 幅123.5㎜ 高さ190.5㎜
質量 310g

重要な電池の持ちですが、
公式では、
音楽再生:12時間(バックライトOFF、Wi-fi OFF時)

実際に測ってないですが、
Wi-Fi ONでGoogleChromeをつかってのWebブラウジングでは
2時間もつか持たないかくらいでした。

最後に、Nexus7との画面比較画像です。
IMG_0621




















同じ画像でここまでの差が出ました。

まとめ

一万円以下で無ければ絶対購入してませんでしたね。
まして、アマゾンやほかの通販で15000円も出して買おうとは思いません。
僕だったらもう5000円だしてNexus7や、ほかの製品を買うと思います。
今回の購入はあくまでも安さに引かれて、、、って感じですかね。

以上です。 

※追記
ホーム画面スクリーンショットです。
Screenshot_2013-04-29-19-39-01


OTGケーブルでUSBメモリをつなぐと中身が見れます。
Screenshot_2013-04-29-19-28-09
学校で使っているUSBメモリです。c言語で書かれたソースコードが入ってます。

ESファイルビューワでは閲覧も可能です。
Screenshot_2013-04-29-19-27-04

追記、以上です。 


スポンサーリンク